つむじハゲの原因

つむじハゲについて

 

つむじハゲの原因

 

つむじは、髪の流れの中心でもありますので、薄くなりやすい場所でもあると同時に、髪型や光の当たり具合などによっては、目立つことがあります。皆さんの中にも、つむじハゲに悩んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか。つむじハゲには、考えられる原因や、また、その薄毛対策として考えられる対処方法があります。

 

ここでは、そのつむじハゲの原因と対処方法について解説したいと思います。まず、つむじハゲの原因としてまず考えられることは、つむじは、どうしてもそこで髪が分かれやすくなるということで、他の部分の髪と比べて、引っ張られやすくなり、その結果、はげやすい場所であるということが挙げられます。

 

特に、つむじ部分をいつも分け目にするヘアースタイルを続けている女性は、どうしても、つむじ部分に負担がかかってしまいますので、そこから薄毛が進行していく場合があります。

 

また、場所的に紫外線によるダメージを受けやすいということも挙げられます。更に、男性の場合は、元々、頭頂部は、ハゲの原因となるホルモンの影響を受けやすい部分でもあります。その他考えられる原因としては、睡眠不足やストレス、また、食生活の乱れなどが挙げられます。次に、その対処方法について解説したいと思います。まず、ストレスをためない生活習慣が大切です。

 

血液が髪に必要な栄養を運ぶ働きを担っていますが、ストレスを受けますと血管が収縮するため、髪や毛根に栄養分が届きにくくなります。また、十分な睡眠をとることも大変重要です。寝ている間、特に夜の10時から深夜2時の4時間に、成長ホルモンは盛んに分泌されますので、その時間帯の睡眠はとても効果的です。その他、バランスの良い食生活も重要となってきます。栄養が不足していると、当然、健康な髪は育ちません。

 

特に、海藻類には、髪の主成分であるたんぱく質や、ミネラルが豊富に含まれていますので、不足しないようにしましょう。その他の対処方法としましては、できるだけ、つむじに負担のかからない髪型を心がけることや、日傘や帽子などでの紫外線防止も必要です。

ホーム RSS購読 サイトマップ